株式会社エクリプス

ファンタズムⅤ:ザ・ファイナル

ファンタズムⅤ:ザ・ファイナル

劇場公開

2017年7月15日(土)〜

新宿シネマカリテ
「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」で上映!!

劇場HPはこちら

タイムテーブル

上映時間:89分

8/5(土)18:00~
8/9(水)20:30~
8/10(木)10:00~
8/11(金)15:30~
8/14(月)16:00~

現実と夢が様々に交錯し、見る人によって色々な解釈ができる、伝説のカルト青春ホラーの最終章!──これが最後、──これで最期!!

1979年から始まった、見る人によって色々な解釈ができることにより、世界中で大人気となった伝説のカルト青春ホラー『ファンタズム』。1989年に『ファンタズムⅡ』。1993年に『ファンタズムⅢ』。そして1998年には『ファンタズムⅣ』が製作された。鬼才:ドン・コスカレリがライフワークとして撮り続けた『ファンタズム』シリーズが、本5作目で遂に最終章を迎える!

監督は、ドン・コスカレリからデビッド・ハートマンという新鋭に交代したが、『ファンタズム』ワールドはここに絶頂を極め、シリーズ生みの親:ドン・コスカレリは、本作では制作・原案・脚本を担当した。しかし主要キャストは、シリーズ・スタートから変わらず(『ファンタズムⅡ』で変更はあったが)に、年齢をそのまま重ね登場している。それはシリーズ・ファンにとって、なによりうれしいことであり、同時に驚きの一言である。

主演は、トールマンに追われるマイクを捜し続けている親友:レジー役のレジー・バニスターだが、共演している殺人銀球:シルバー・スフィアを操り、黄色の血を流す不気味な葬儀屋:トールマンを演じたアンガス・スクリムの存在感は、今回もすさまじい。しかしアンガス・スクリムは、本作が遺作となってしまった。そのニュースが世界中に駆け巡った時、世界中のホラー映画ファンから落胆と痛恨の声がこだました。

そんな本5作目の最大の見所は、シルバー・スフィアが巨大化し、世界を破壊させるレーザー光線を発し、アルマゲドンを描いている箇所と、トールマンが何故、マイクを執拗に追いかけるのかという疑問が、遂に判明する箇所だ。この2つのクライマックスは、シリーズ最終章を飾るにふさわしい、超ド級の驚愕と衝撃を観る者に与える。

STORY

今も荒野を彷徨って、マイクとジョディを捜しているレジー。彼は、愛車1971年型クーダを見つけ出し、悪夢と現実の境界を乗り越え、トールマンが仕掛けた様々な罠もくぐり抜け、遂にマイクとジョディと再会を果たす。

そんな3人の前に、トールマンが現れる。そしてトールマンは衝撃の事実を語り始める。「私は一人ではなく、何万人もいるのだ。多数の次元も存在し、マイクはその実験体にすぎなかった。」と。しかもトールマンが操るシルバー・スフィアはすさまじく巨大化しており、地球を破壊しようと企んでいた!

SCENE PHOTOS

  • 場面写真
  • 場面写真
  • 場面写真
  • 場面写真
  • 場面写真
  • 場面写真
  • 場面写真

CAST

レジー・バニスター(『ファンタズムⅡ』『ファンタズムⅢ』『ファンタズムⅣ』『ファンタズムⅤ:ザ・ファイナル』)、マイケル・ボールドウィン(『ファンタズムⅢ』『ファンタズムⅣ』『ファンタズムⅤ:ザ・ファイナル』)、ビル・ソーンベリー(『ファンタズムⅢ』『ファンタズムⅣ』『ファンタズムⅤ:ザ・ファイナル』)、カット・レスター、アンガス・スクリム(『ファンタズムⅡ』『ファンタズムⅢ』『ファンタズムⅣ』『ファンタズムⅤ:ザ・ファイナル』)

STAFF

監督・脚本・編集:デビッド・ハートマン、制作・脚本・原案:ドン・コスカレリ(『ファンタズムⅡ』『ファンタズムⅢ』『ファンタズムⅣ』『ファンタズムⅤ:ザ・ファイナル』)、音楽:クリストファー・L・ストーン、特殊効果:ロバート・カーツマンズ・クリーチャー・コープズ

2016年/アメリカ/カラー作品/本編86分/ドルビー・デジタル・ステレオ/音声:英語/日本語字幕/ブルーレイ上映

pageTop